海上コンテナ・seacontainerでコンテナハウスを作ろう

あなたもいま海上コンテナ・seacontainerでコンテナハウスを作ろうと思っているのではないでしょうか。しかし、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、思っている程楽ではないかもしれません。

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスのデメリットについても考えてみましょう。

コンテナハウスをチェックしよう

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスのデメリット

海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、オシャレで、リーズナブル価格で作ることができるから、若い人たちも注目しているところかもしれないですよね。

しかし実際に海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスって、作ってみて思っていたよりも高くついた……という方々が多いようです。

安いから海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスの選択をした……という人たちは、間違いなく思惑が外れてしまうでしょう。呉々も注意したいところです。

日本の厳しい建築基準法をクリアする必要

いま、非常に海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスに対して注目度は高いですが、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスを建てるためには、日本の厳しい建築基準法をクリアする必要があります。

そのためには、建築用のコンテナ・containerを「新品」で製造した建築として使用しなければならないのです。

実際に、木造よりも全然、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスの方が安いイメージがありますが、同じ程度か、それ以上は間違いなくかかってしまうことでしょう。

普通に重量鉄骨を建てるというモチベーションでいる人たちは、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスの方が安くつくと思うでしょうけど、木造と比較し決して海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、安い価格にならないのがデメリットです。

移動は楽ではない

おおがかりな海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスなら、移動も結構大変と思ってしまうでしょう。

移動には、ライフラインを外して、運べる状態に分解、基礎から外して移動させる必要があります。

あなたは、海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスという存在を、トレーラーハウスと勘違いしていることはないでしょうか。

そもそも海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、トレーラーハウスのような身軽な存在ではないのです。

そして、大事なのは、立地です。海上コンテナ・seacontainerのコンテナハウスは、設置できる条件が整っていないとなかなか建築自体が難しいのです。

関連記事