海上輸送・seatransport、内航海運と外航海運

私達の生活を支えている海上輸送・seatransportには、大きく分けて、内航海運と外航海運があります。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

内航海運と外航海運

おおかた、言葉でだいたいの意味は推測出来ると思いますが、内航海運と外航海運は、海上輸送・seatransportに必要不可欠な存在です。国内の港を結ぶ海上輸送・seatransportの手段が、内航海運です。

内航海運に積まれる貨物は、食料品、日用品、産業基礎資材や石油と言った私達の生活に欠かすことができないものばかりですね。

海上輸送・seatransportのメリットは、地震で陸路が断たれた時でも使用することができる、大事な手段です。

多くの人たちが、海上輸送・seatransportではなく、トラックなど陸上輸送の方が俄然頑張っている印象を持つのかもしれませんが、海上輸送・seatransportは、実際に国内輸送の半数程度占める手段なのです。

外航海運

そして、内航海運と対比する言葉が外航海運ということになります。

海上輸送・seatransportの外航海運は、海外の港&国内の港の間で荷物を運ぶ役割を担っています。

兎に角、日本という国は、輸入大国でもあり、原油、天然ガスなどのエネルギー原料、工業原料、小麦や大豆などの食料まで海外の輸入に頼らざるを得ない現状があります。

原油は99%以上、天然ガスは95%以上、小麦は85%以上、海外からの輸入だからこそ、海上輸送・seatransportはなくてはならない存在だということになります。

また、輸出に対しても大活躍している存在が、海上輸送・seatransportであり、自動車や電気製品などの大型工業製品などを輸出しています。

島国である日本にとって、海上輸送・seatransportという手段がどんな大事な存在か、今更ながら実感されることでしょう。

貿易がますます盛んになるばかりです。=海上輸送・seatransportの需要は高まるばかりです。

海上輸送・seatransportで仕事をしたい

海上輸送・seatransportで是非とも仕事をしたいという方々も多くいらっしゃることでしょう。

海上輸送・seatransportは、海上だけの仕事ということではなく、陸上職もあります。また、陸上職の中にも種類があって、営業部門、管理部門、技術部門と様々な部門に分類することができます。

海上輸送・seatransport会社では、例えば、営業部門において、資源・エネルギー会社やそれぞれメーカーなどと新規運送契約を結んだりと、海以外のエリアでも日々一生懸命お仕事をしています。