海上輸送・seatransportの必要性

海上輸送・seatransportは、やっぱり私達の島国において、なくてはならない必要不可欠な存在です。その割には、私達はあまりにも、海上輸送・seatransportについて知らない事態が起きているのではないでしょうか。

いま、まさに海上輸送・seatransportについて知ることは大事な意味があります。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

海上輸送・seatransportの必要性

海上輸送・seatransportの必要性は、 輸出に対しては、2008年ぶり80兆円越え81.4兆円に到達、輸入は82.7兆円と2014年以来という結構レベルの高い水準を維持しました。

日本において、海上輸送・seatransportは、重量ベースでその99%強を、そして金額的には、70%強も依存している方法なのです。

海上輸送・seatransportについて知ること、それは、【日本】について知ることではないでしょうか。

海上輸送・seatransportのプレイヤー

海上輸送・seatransportのプレイヤーは、大きく3つのカテゴリーに分類することができます。

海上輸送・seatransportにとって、まず大事なお客様、Shipperという貨物を動かしたい荷主さんの存在を欠かすことができません。

不況の事態が起き、貨物を動かしたい荷主さんたちの腰が重くなってしまえば、海上輸送・seatransport自体の腰も重くなってしまうでしょう。

そして、フォワーダー(Forwarder)とは、 貨物利用運送事業者のことであり、荷主から貨物を預かって、他の業者の運送手段(船舶、航空、鉄道、貨物自動車など)を利用、運送を引き受ける業者です。

そして、実際に海上輸送・seatransportをする会社、Carrierという存在があり、海上輸送・seatransportは、しっかり機能し仕事をこなすことになります。

Carrierに対して直接話しをつければいい?

では、ここで、 荷主という存在が、 Carrierに対して直接、話しをつければいいという考えもふと浮かぶでしょう。しかし、運行する区間のコンテナスのスペース空間を、できるだけ多く販売したい船舶会社海上輸送・seatransportにとって、 定期的に一定量輸送するフォワーダーという存在があり、それと比較すれば、輸送する頻度、分量が少ない荷主さんと契約してしまうことは、それ程大きなメリットがある訳ではありません。

ですから、直接的であり、リーズナブルで実現すると思うものの、費用は、 フォワーダーを介した輸送費よりも高くなってしまうことが一般的とされています。

いままさに熱い海上輸送・seatransportをしっかり注目してみましょう。

関連記事